発達障害、ADHDで悩み人のイメージ

自分は発達障害ADHDなんじゃないかと思った

自分が発達障害ではないかと思ったのは30歳を過ぎた頃でした。
以下の行動を自分はよくしていました。

  • 衝動的に行動する
  • 整理整頓ができない
  • 目先の行動しか視野にない
  • もの忘れをする
  • 人の気持ちを考えない
  • 予定どおりに行動できない
  • 行動が行き当たりばったり

これだけのことがあると、言うまでもなく、日常生活に支障をきたしてきます。
職場での仕事や人間関係等、うまくいかないことが多々ありました。それが人としての個性や性格というのも含まれていますが、おかしいということに気づくことがなかなかできなかったのです。

30歳を過ぎた頃、たまたまネットで見た特集ページで、自身がADHDに該当する項目がたくさんあり、確信しました。

ADHDと解って何をしたのか

ネットや書籍で、どうすれば、改善できるのかということを調べました。私は下記を心掛けるています。

  • 気づいたら、即行動するか、メモをする
  • やるべきことをまずは書き出す
  • 衝動的な行動、言動をなるべく避け、考えることを優先する
  • 事前準備をしっかりとする
  • サプリメントを取る
  • 程よい運動をする

以下、から一つ一つ見ていきます。

▼ ▼ Pick UP


気づいたら、即行動する

衝動的に何かを行動するのではなく、身近のこと、もしくは未来に必要なことを、なるべく後回しにせず、即行動します。例えば、片付けやゴミ出し、必要な買い物等があります。思いついたけど、即行動することが難しい状況であるのなら、メモを取るようにすると良いと思います。紙や付箋、スマホ等にメモを取り、確認する習慣をつけておけば、後になって忘れてしまうことも少なくなります。

やるべきことをまずは書き出す

今後やるべきこと、今日、1日のやるべきことを紙に書きリストアップします。重要なものから優先順位をつけるか、どれからでも良いという場合は、いやなことから手をつけ、やるようにしています。いやなことを後回しにすると、僕の場合はやらなくなってしまったことが多々あったからです。

メモをしているイメージ

やったものから斜線を引いて、消していきます。
途中からリストに追加していくこともあるでしょう。やるべき事を「見える化」することによって行動しやするなります。これはプライベートでもビジネスシーンでも使えます。

衝動的な行動、言動をなるべく避け、考えることを優先する

衝動的な行動、言動をした後、「あの時やっぱ止めれば、言わなければ」そういう経験は誰でもあるのではないだろうか。少なからず僕は、かなりあった。そういった経験をし、学習することも、もちろんある。だが、ADHDだった僕は、なかなか学習できず、同じ失敗を繰り返していた時期があった。何かをする前にまずは、考え、整理することを覚えてから、衝動的な行動、言動が少なくなった。立ち止まれるなら、立ち止まったほうがいい。即行動することは大事と言われているが、僕にとっては「考える」を何よりも優先している。

事前準備をしっかりとする

事前準備、これができるようで、なかなかできない!小学生の頃、翌日、遠足であると、よろこんで準備したのを覚えている。楽しい事はできるが、楽しくもなんでもないことは、なかなかできない。
でも、やるべきだ。後で「忘れた」「忘れてた」では余計に、辛くなるし、ますます、深みにハマっていく気がするからだ。

直前でドタバタ準備しても、何かが抜けていたり、足らなかったりする。事前準備はとにかく大事である。

サプリメントをしっかりとる

サプリメントのイメージ画像

ADHDに効果的なサプリメントは以下が上げられ、僕もサプリメントを服用しています。

・DHA
DHA(+EPA)はお魚の油でできている。必須脂肪酸というもを取り、考える力をつけることができるようです。

・PS(ホスファチジルセリン)
脳を活性化することができるサプリメント。記憶力や認知度を高めることができると言われています。

・ビタミン
バランスよくビタミンを取る必要がある。中でもビタミンB12は脳内の神経伝達に必要なもののようだ。

・食物繊維、難消化性デキストリン
脳と腸は関係性があると言われている。腸が健康的であると、脳も元気!というわけだ。
食物繊維を取り、難消化性デキストリンで糖質や脂肪吸収を穏やかにし、腸活をすれば、頭が冴えるようになるのではないだろうか。





程よい運動をする

運動することによって、血液循環や新陳代謝を促進し、心身ともに充実で前向きな気持ちになれたり、やる気がでるように思えます。これは鬱にも効果があると言われています。

まっすぐ前を向いて歩く

ウォーキングをして、下を向かず、とにかく前を向いて、歩くと気分も前向きになる気がします。
私はそうしています。鬱病に効果があると聞いたことがあります。一度試してみてはいかがでしょうか!

ウォーキングをしている男性イメージ

私はADHDだからといって悲観せず、今後は前向きに生きていきます!
この記事が参考になれば幸いです!