深呼吸のイメージ

深呼吸は自律神経と健康を保つ大切な行為

みなさんは深呼吸という行為に何を思い浮かべますか?どんな役割を果たしているか、御存知でしょうか?
「リラックス効果がある」ということがよく聞くのではないのでしょうか。
それも、もちろんありますが、以下のことが上げられます。


・自律神経の維持
・集中力の向上
・内臓に酸素を送り、内臓を元気にする





深呼吸は自律神経の保つ役割がある

日常生活で何かに追われたり、焦り、ムカついた、嫌なことがあった時等、予想外の事が起きる
るものです。精神的に追い込まれたり、傷ついたり、焦っている時等に、深呼吸してください。
自立神経を回復させることができます。私は一呼吸おいて、考えたり、行動することを意識して生活するようにしています。衝動的な行動ほど、怖いものはありません。

深呼吸によって集中力が上がる

深呼吸を鼻からすることによって、直接、脳に酸素を送ることができます。そのため脳がより活動てきになります。コツとしては左右、鼻の穴どちらかを塞いで、両方から交互に深呼吸するとさらに集中力が高まると言われています。
例えば、これから大事なプレゼン前や何かの発表会、試験等の前に、試しにやってみてはいかがでしょうか!
集中力を向上しているイメージ

深呼吸によって内臓に酸素を送り、内臓を元気にする

肺を膨らませるくらい、いっぱいに酸素を吸い深呼吸することにより、全身に、内臓に酸素を送ります。
内臓に酸素を送り、働きを活性化することができます。内蔵を元気な状態を保つ秘訣は、酸素や血液を巡らせることによって、元気な状態を保つことができると言われています。