>>フリーランスエンジニアに安定稼働案件を豊富に紹介【Freeto】
憧れ、夢の職業イメージ

いつまで夢を追うのだろう、夢は区切りをつけたほうがいい

あなたの夢はなんですか?歌うことが好き、演じることが好き、スポーツが好き、漫画を書くことが好き等、好きなことをして、暮らして行けたらどれだけ、よいだろう。つまりそれは、夢を叶えるということ。子供の頃、何々になりたいとか漠然としたものではなく、十代中盤から抱く、具体的なやりたいこと、なりたいこと、それが「夢」である。

この記事で何を言いたいかというと、「いつまでも夢を追うことにしがみついていても、ろくなことにはならない」ということ。ミュージシャンや漫画家、芸能人、資格がないと困難な職業(例:法律関係や医者)等が挙げられる。

▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ PICK UP ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽





自分の才能に限界を感じた時点で夢は諦めるべき

人には生まれもった才能や得手不手がある。「努力でカバーすればよい」という人も多くいるが、どんなにがんばろうと、才能に勝つことはできないし、難しい。努力も才能の内ではあるが、夢を実現し、幸せを掴むことができるのはほんの一握りだ。

挫折イメージ

いつまでも夢にしがみついていると、気がつけば年をとり、途方にくれることになる。現実は決してやさしくない。だから自分の才能に限界を感じたら、諦めるべきだ。なかなか諦めきれないのなら、ある程度、期間に区切りをつけ、計画を立ててみよう。それでもできなければ、違う道を探したほうが懸命である。やり直しが効かない年齢になる前に区切りをつけよう。

才能がある人は周りが勝手にプロにしてくれる

ミュージシャンのスガシカオが「才能がある人は周りが勝手にプロにしてくれる」と言っていた。そのとおりだと思う。努力は報われるほうが少ないのが現実。

夢が叶わなくても親のせいには決してするな

「カエルの子はカエル」というが夢が叶わなくても、親のせいにはしてほしくない。あなたが生まれた来てくれたことに感謝しているからだ。最後に助けてくれるのは家族だけだ。

夢を趣味へと切り替える

夢を趣味へと切り替えよう、そうすれば、きっと楽になれるし、「夢を叶えなければ」というプレッシャーから開放される。今はネットが発達している以上、自身でやれることはきっといくらでもあるからだ。自身で情報配信がいくらでもできる。SNSやyoutube等で、楽しみながらできる。情報配信でふとした出会いがあり、あなたを変えるきっかけになる出来事があるかもしれない。

▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ PICK UP ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽





★ ☆ ★ ☆ Pick up! ★ ☆ ★ ☆