>>フリーランスエンジニアに安定稼働案件を豊富に紹介【Freeto】
眠れないイメージ画像

夜、眠れない。。不眠に悩んでいるあなたへ

仕事、アルバイトから帰宅し、疲れているはずなのに、時間が遅くなっても、なかなか寝付けない。不眠の悩みを抱えている人は現代社会で数多くいると言われています。実際、私もその中の一人でした。今でも時々、眠れない、寝付けない日々はあります。それでも、気持ちよく眠るために、いくつか、私なりに心がけている事をご紹介しようと思います。





なぜ、あなたが私が寝付けないのか

個人差はもちろんありますが、どうして眠れないのか、寝付きが悪いのか考えてみました。

・頭、脳は疲れているの、体が疲れていないことで、身体のバランスが崩れ眠れない
悩みストレス、不安、緊張の連続で、気持ちや自律神経が落ち着かず、高ぶり眠れない

私は主にデスクワークをしているので、上記が当てはまりました。人間関係や仕事、未来への不安等で、ストレスを感じ、眠れない日々が続きました。たまたまコンビニで見つけた本を手にして、読んだ所、社会不安障害という精神疾患に近しいものがありました。以前の私は思い込みが激しく、自身で人生をつまらくてしていたことに気づき、ストレスを軽減することができました。自身のことはまたの機会にブログを書きたいと思います。

あなたが眠れるようになるにはどうすればよいのか

あなたが眠れるようになるには、あなたが抱えている不安要素を少しでもとりのぞくことが大事ですし、その他、ただ不眠という人もいるでしょう。
ただ、寝付きがよくなる努力は必要です。

私が行っている寝付きをよくするために努力している事をお伝えします。
主にリラクゼーションです。

リラクゼーションのイメージ画像

・仕事帰りに、時間があれば、少し歩いてから帰る
・風呂に入り、しっかり身体を洗い、湯船の浸かり、血行をよくする
・消灯1時間半前から部屋の灯りを蛍光色から暖色にし、少し暗めに設定する
・消灯1時間前からテレビやパソコン、スマートフォン、タブレット等から入る強い光や情報をなくし、リラックス状態を作る。
・リラックスできるようなBGMを流す
・リラックスできるような、好きな匂いを嗅ぐ
・リラックスできて、心を落ち着かせるサプリメントを飲む

仕事帰りに、時間があれば、少し歩いてから帰る

少し歩くことによって、気持ちの整理ができたり、リラックスできる一時かと思います。あまり考えすぎるのはよくありません。

帰宅のイメージ紹介画像

風呂に入り、しっかり身体を洗い、湯船の浸かり、血行をよくする

シャワーではなく、湯船につかり、ゆったりとし、リラックスしましょう。良い香りのバスクリンを入れれば、よりリラックスできます。血行をよくし、嫌な事など吹き飛ばしましょう。

風呂に入りリラックスするイメージ画像

消灯1時間半前から部屋の灯りを蛍光色から暖色にし、少し暗めに設定する

蛍光灯を消して、暖色系のライトにし、少し薄暗くします。光を弱くし、落ち着く感じにします。そうすることによって部屋がリラックスできる空間になると思います。目に優しく、少しずつ眠気がやってきます。

電気スタンドで部屋をうす暗くするイメージ画像

消灯1時間前からテレビやパソコン、スマートフォン、タブレット等から入る強い光や情報をなくす

目から入る光や情報によって、脳が刺激されます。それによって、眠気を妨げる可能性があります。特に暗がりでテレビやパソコン、スマートフォン、タブレットからの強い光は余計に刺激が強く、眠れなくなると言われています。

リラックスできるBGMを聞く

落ち着いた感じのBGMを聞きながら、本を読んでいると眠気が来やすくなるのではないでしょうか。

リラックスできるような、好きな匂いを嗅ぐ

好きな匂いを嗅いでリラックスしましょう。

リラックスできて、心を落ち着かせるサプリメントを飲む

私はグリシンというサプリメントを定期的に飲んで眠っています。リラックス成分で睡眠と、疲労回復効果がある、アミノ酸とクエン酸で、少しでも爽やかな朝を迎えれるよう飲んでいます。

サプリメントのイメージ画像

ストレスをより感じ、神経が高ぶって眠れないときは医薬品の睡眠導入剤をたまに、飲んでいます。あくまで一時的な改善薬なので、飲み続けることはできませんが、どうしても眠れそうにない時は飲んでいます。

以上が、私が心がけている睡眠方法です。睡眠は生活や健康にとって、とても大切で、重要です。Good sleep! Good life!