>>フリーランスエンジニアに安定稼働案件を豊富に紹介【Freeto】
結婚のイメージ

世間体を気にして結婚を決めたあなたへ伝えたいこと

結婚適齢期を過ぎ、学生時代の友人や会社の同期は既に結婚しているとなると、世間体が気になってきます。女性は特に「30歳までに」という事をよく聞きますよね。結婚を焦っているそんな、あなたに伝えたい、結婚を焦り、急ぎすぎて、対して好意も持てない人と結婚すると、後になってめちゃくちゃ後悔します。だからもう一度、冷静に考えてほしい。

私も過去に、このような経験をしたからこそ、このブログを書いてみようと思いました。

▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ 関連コンテンツ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽





結婚という承認欲求に支配されていませんか

私は30代中盤が過ぎた頃、身近な友人の結婚したのをきっかけに、焦りが芽生えました。結婚相談所に登録し、休みの日に婚活パーティーにも行きました。その甲斐あってか一人の女性と出会いました。小奇麗でスタイルの良い、40歳手前の年上女性でした。その時の私は「世間からみたら綺麗な奥さん」ということで頭がいっぱいでした。数回会っただけで、お互いの事を知りもしないで、そういった「世間からの承認欲求」に頭が支配され、先行していました。

価値観や性格不一致の実を結ぶことはなかったのですが、この当時、お付き合いをしていた女性にはほんとうに申し訳ない気持ちでいっぱいです。「世間からの承認欲求」に支配され、幼稚で、浅はかな考えをした、ダメな奴でした。

結婚相手との未来を想像できるか

あなたにとって結婚に求めることは何ですか?一概には言えないのですが、私は今になって思うのは「一緒になって未来を築いていく」ものだと言えます。あなたは結婚相手と5年、10年、15年先を想像することができますか?「10年、15年一緒にいる」ということを一度、考えてみてください。

結婚後の豹変イメージ

結婚相手に対して何かしてあげたい、寄り添いたいと思えるか

「他人同士」ではあるので、育ちも違えば、考え方や価値観が違うのは当たり前、それでも結婚相手にたいして、「何かしてあげたい」と思えるのか、「何かしなければならない」のではきっと結婚生活は長続きしないでしょう。力になり、寄り添えるかが、もっとも重要なポイントではないでしょうか。

悩んでいるなら、結婚をやめて、すぐに離れたほうがいい

若いうちは、勢いで結婚することもあれば、同棲することもあるかと思いますが、年をとってからはそう時間がないので、お見合いして、僅か三ヶ月で結婚することもあると聞きます。

「選んでいられない」ということもあるかと思いますが、悩んでいるなら、やめて、直ぐに別れたほうが、お互いのためになります。アラサー、アラフォーとなると時間がないので、悩みながらお付き合いをし、時間が経ってから、別れると、お互いゼロから出会いを探すスタートになるため、マイナスしかありません。

別れてください・ごめんなさいのイメージ

良くしてもらった相手の親にも悪い

お互いの親を紹介し、相手方のご両親にとてもよくしてもらったことがあります。その後、別れを告げたことで、罪悪感でいっぱいになりました。悩みながら、だらだらお付き合いすることにメリットなんてないし、悩んでいる相手と結婚しても、きっと幸せになどなれないと思います。お互いのためにもスパッと別れましょう。

いかがでしたか。あなたの婚活に少しでも役に立てれば、幸いです。

▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ 関連コンテンツ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽





★ ☆ ★ ☆ Pick up! ★ ☆ ★ ☆