ネットで活動しているミュージシャンのイメージ

ネットを使って自称ミュージシャンでいいじゃない!

私がバンドをやっていたのはもう、約15年前、遠い思い出です。当時私はミュージシャンになりたいと夢見ていました。自身で作詞作曲し、オリジナル曲を作っていました。デモテープをレコード会社に送ったり、地元だが、ライブを少なからず行っておりました。
バンドは約2年半で解散し、メンバーはそれぞれの道を歩んでいきました。私もその内の一人でした。それから、約15年の月日が流れ、仕事にプライベートに追われる日々が続き、大好きな楽器、ギターを弾くことも、歌う機会もなく、カラオケくらいしかありませんでした。

仕事が、家庭が、と考えると音楽に割く、時間とお金の余裕がほとんどなく、毎日がまるで、コピペするだけの毎日に思えていました。そんな時、偶然SNSで15年前に一緒にバンドやっていた仲間を発見し、そこにはライブハウスでライブをしている写真や動画がいくつも投稿されていました。そして思ったのが、「楽しそう・・・」でした。

それがきっかけにとなり、また、ギターを手にとり、大好きな歌を少しでも歌おうと思ったのです。
音楽を奏でれば、誰かに届ければ、誰だってミュージシャン!





プロミュージシャンの定義って何?

そもそもプロミュージシャンの定義とは何か?私の価値観では音楽で飯が食えているかどうかである。レコード会社と契約して、メジャーデビューすることだけが、プロではないと思う。

インターネット環境がデバイスが整っている今と10年前は違う

現在(2018年暮れ)はインターネット環境がととのい、スマホやタブレットといったデバイスの普及が急速に増えた。
何が言いたいかというと、インターネットが引けていれば、自身のことをいくらでも、発信できるということだ。

ネットで活動しているミュージシャンのイメージ

僕なりに今後、音楽活動して上で、以下を行っていこうかと考えている

・ライブ配信を行う
・録画した音楽動画をyoutubeに上げる
・紹介ブログを開設する
・SNSを積極的にはじめる

ライブ配信を行う

youtubeやニコニコ動画で音楽配信をして、誰かに自身の音楽を聞いてもらう。私の場合は一人で練習していてもモチベーションが上がらないから、まずはコピーから初めて、ニコニコ生放送で演奏してみました。はじめはコメントゼロで誰か聞いてくれているのか、わからなかったけど、何回か配信していたら、以下、コメントをいただきました。

・高い声がでるな
・腹から声出せ(だしているっちゅーねん!つもりだけど)
・88888888888888(拍手)
・歌のリクエスト

などなど、配信の音やバランス等が悪かったり、聞きにくかったりすると、親切に教えてくれる人もいました。
もっと上手くなって、練習して、聞いてもらおう!ときっと思うようになります!
ライブ配信からメジューになった人もいるようです。

録画・録音したら音楽を動画サイトに投稿する

自身の音楽を録画、録音した音源を動画サイトに投稿します。youtubeがメジューでしょうか。音楽動画を投稿することによって、誰かに聞いてもらいます。コメントしてもらえる場合があります。ただし、誹謗中傷される覚悟は必要です。もしされても、言わせておけばいい!
動画サイトで音楽動画が再生されているイメージ

紹介ブログを開設する

ブログを開設して、自身の紹介をします。以下を主に紹介すれば、よいかと思います。

・プロフィール
・音楽歴
・どういった音楽を奏でるのか
・影響を受けたアーティスト
・ライブの告知
・最新の活動情報

ブログのイメージ

また、ブログを定期的に更新し、自身を知ってもらえるようアピールしましょう。自身が奏でた音源を録画、録音してアップしたら、ライブ映像や画像をアップするとより、アピールすることができるので。

ネットで告知やアピールはいくらでもできます!

SNSを積極的にはじめる

今(2018年末)や代表するSNSである、twitterやfacebook、instagram等を利用し、情報を配信します。つぶやきをすることにより、情報を拡散させることができます。そのためには、魅力的、おもしろい、何か気を引くような、つぶやきをし、フォロワーや友達をどんどん増やしていきましょう。

SNSのイメージ

いかがでしたでしょうか?ネット環境さえあれば、自身でいくらでも情報を配信しることができます。今に時代、ネットは必須!ネットで自称ミュージシャンでもいいじゃない!