>>フリーランスエンジニアに安定稼働案件を豊富に紹介【Freeto】

英語を勉強して気が付いたことを書いてみた

英語の勉強をはじめてから約1年が経ちました。喋れるようになった?と聞かれるとまだまだ全然ダメです。もちろん個人の能力や努力量にもよると思います。

英語学習のイメージ写真

何のために英語を勉強しようと思ったのか

もともと英語が好きでした。中学、高校と英語の成績だけはよかったです。海外旅行と将来、英語を仕事で活かしたいと思ったからです。





いくつかの勉強方法を試してみた

以下の勉強方法を試みました。
・3万円もするリスニング教材を買った
英会話教室の通おうと思った
単語帳と文法の本を買った
・リスニングの本を買った
・英作文を作るための本を買った

だいたいこのくらいです。

まず、何からはじめたらよいかを考えた

英語を勉強するには何から始めたらいいのだろうと考えたところ、まずは、大学以来、勉強していなかったので、基本的な英文法と単語を思い出しつつ勉強することにしました。リスニング教材を聞いていたものの、文法がわからない丸暗記しかできないと感じました。

リスニング教材を聞いて勉強をはじめた

某3万円したリスニング教材から聞きはじめました。それは海外旅行の場面を想定して、使うであろう英語の文が用意してあるのもでした。リスニング内容は、一文につきネイティブススピークとスローで喋る仕様です。一文一文短いので、始めるにはわかりやすいと思いました。基本的な文法を理解していればわかるレベルです。

英語のリスニング学習をしているイメージ画像

また、長文を文節、文の塊ごとに区切って、リスニングする教材も試してみました。長文の英語に慣れることができたと思います。
笠原式英語学習法という書籍がいくつか出ているので、気になった方はチェックしてみてください。

英語を勉強しはじめて

いきなり喋れるようになるのは難しいので、まずは英語になれることからはじめました。某テレビでやっている教材で『喋れるようになりました』と言っていますが、This is a pen.でも喋れるという解釈ができるから、わかっているとは思いますが。

文法を勉強して、単語を覚えて、リスニングするようになってから、なんとなくですが、英語を聞き取れるようになりました。ネイティブレベルはまだまだ、難しいけど。
日本人が喋る英語は聞き取れるようになりました。カタコト英語ですね。

英会話教室へ体験レッスンに行ってみた

3教室ほど、行ってきました。どこも外国人教師で、丁寧に体験レッスンしてくれました。非常にゆっくり喋ってくれて、基本的な短文を話すから。なので、どこもそんなに違いを感じなくて、違いと言えば、グループか個人、金額、テキストです。確かにネイティブの英語を聞いて、耳慣れするのは大切ですが、それってカタカコである程度、受け答えできるようになってからが良いと思いました。

英会話教室で感じたストレス

それはというと、日本語で質問できないこと、この事は私だけじゃないと思います。ある程度日本語が解る外国人講師はいるけど、通じないことがただありました。

自身にとって一番良い英会話教室とは

バイリンガル、もしくは日本語が解る外国人講師に教えてもらいたい、そう思いました。
ネイティブ英語に耳慣れはしたいけど、日本語で説明した。バイリンガルの方が安心できるというか、そんな気がしました。